風俗と歩ける幸せ

当サイトの体験談を読めば、風俗と歩ける幸せを感じることができるはずです!

興奮するシチュエーションは変わらない

投稿日:2017年3月4日

若い頃は、人妻専門のデリヘルや熟女デリヘルとかの風俗に行く機会が多かったんですけど、最近は20代前半の女の子にギャルなどのコスプレをしてもらってプレイすることが多くなってきました。同世代には全く興味なくて、女子校生の制服コスプレとか良さが分からなかったんですけど、今では何故人妻や熟女が好きだったのかが分からないほどになってしまいましたね。自分が40代にもなると、若い頃に憧れていた人妻、熟女が同世代になってしまったから、一気に興味が冷めてしまったのかもしれません。なので、たまに人妻やアラサーもいるようなデリヘルは行くのを止めて、若い子専門のデリヘルやイメクラを頻繁に利用するようになりました。制服コスや、OLコスも若い子がするから萌えるんだよな…って思いながら、いつも先生と生徒だったり、社長と秘書のシチュエーションで禁断のプレイを楽しんでいます。私だけなのか分からないですけど、やっぱり昔から興奮するのは禁断とか背徳感のシチュエーションなんですよね。

昔なじみの嬢を人妻風俗で見つけた!

昔からなじみのデリヘル嬢がいたのですが、それがどうやら結婚してしまったらしくお店をやめてしまいました。非常に残念ですが、まあ人並みの幸せを掴めて良かったんじゃないか、と思うことにしました。それから数年後、私は都心にある人妻デリヘルを利用しました。そして、出てきた嬢を見てびっくり。なんと、件のなじみの嬢だったのです。話を聞けば、生活に不満があるわけではないものの、やっぱり風俗で色々な男と触れあうことが忘れられず、こっそり戻ってきてしまったということ。人妻になった彼女は以前とは違った色気があり、フェ○チオも昔のような激しいものではなく、しっぽりとしたものに変わっていました。これを毎晩旦那にやっているのか、と訊くと、ペ○スを咥えたままこくり、と頷く嬢。それを聞いて非常に興奮してしまい、間もなく私は果ててしまいました。時間内ということで、そのままファーストタイムにはならないように気を配ってくれ、結局そのまま二回目の精液を彼女の口の中にぶちまけました。「人妻」という属性がつくだけで、こうも興奮度合いが違うのかと驚いた……そんな体験です。